公式LINEはじめました。 

粒状製品の自動計数・充填への対応。

今をさかのぼること、十数年前のことです。
包装受託業務をされているところからの依頼で、『粒状の製品を一定数数えて、専用のケースに自動充てんしたいのだが・・』という依頼を頂き、ある装置を創りました。

この案件の最大のテーマは、決まった数をどのように安定して数えるか? ということ。

お話を頂いたとき、まず筒状の中に製品を入れて高さで計数してみよう! ということで、モックを作ってみました。 こんな感じ。↓

1st Approach の時のモック。

確かに、筒状にすればケース充填もやりやすそうだったのですが、致命的な問題発生。

1 2 3 4
よかったらシェアしてね!

Written by

けたろー。 けたろー。 時短設計®士。

包装機械相談士。時短設計®士。 生産現場の【不】を解消するものづくりやってます! あなたの生産現場が、最高最善にハッピーになれますように。(*^-^) 人手不足や働き方改革が叫ばれている昨今。何かのきっかけになれば幸いです。

目次
閉じる